FC2ブログ
SM官能小説、SM調教体験、アブノーマル体験、快感セックス講座
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
10:04:31

大樹は志乃に脚幅を広げさせると、浣腸を取り出し志乃の尻穴に挿し込みゆっくりと媚薬を混入した浣腸液を注入し始めた。
(ひゃっ・・・・ううううう・・・何・・・こんなところで、やめて・・・・お尻の中が何か変・・・)
大樹は、300ccの浣腸液を注入し終わると、次の300ccの浣腸液を準備し、志乃の尻穴に挿し込む。
(あああん・・・もう入らないのに・・・もうダメよ・・・これ以上はやめて)大樹は一旦、浣腸の注入を
とめると、ローターのスイッチを入れる。
(はああ・・・また・・・ダメ)再び志乃の膝が痙攣し始める。
大樹は、再び浣腸液を注入する。
(あああ・・・ダメ・・・ダメ・・・ダメ~・・・出ちゃう~)
志乃は、浣腸の注入を止めさせようと、大樹の手を掴むが、大樹は構わず注入していく。
大樹は、携帯の画面を見せる。犯されている志乃の画像が、携帯の画面に映っている。大樹は、指先で、その画像を皆に送る仕草を見せ、志乃に迫る。
志乃は、大樹をつかんでいる手の力を弱め、手を大樹から離した。再び志乃の尻穴内部に浣腸液が注入されていく。
排泄を我慢している志乃の顔が、青ざめていく。
下半身を痙攣させながら、排泄を我慢する志乃。
(うぐぐぐぐ・・・・もう入らないの・・・・お腹が張り裂けそう・・・やめて・・・)
大樹は、追加の300ccの注入が終わると、2本の指を膣に挿入し、1本の指先をGスポットに、もう1本の指先を子宮口に当て、2本の指先で、Gスポットと子宮口を擦り始める。大樹は同時に、クリトリスに結ばれている糸をグイグイと引っ張った。
(はっあん~・・・ふあああ・・・ダメ・・本当に出ちゃうから・・・やめて)
志乃は、身体全体を痙攣させながら、膣内部と尻穴を締め付ける。志乃の股間から愛液が教室の床に滴り落ちる。
大樹は、クリトリス糸をグイグイ引っ張りながら、締め付ける膣内部を指先で掻き毟るように擦る。
(ふぐぐぐ・・・・ダメ逝っちゃう・・・)
志乃が逝きそうになるタイミングを見て、また、大樹は、指を引き抜き、ローターを止めた。
(はああん・・・抜いてはダメ・・・逝かせて・・・)

大樹は、志乃にニヤリとした笑顔を見せ、教壇まで歩いていくように、目で指示をする。

志乃は、逝く寸前で止められ敏感になっている身体・・
排泄してしまいそうな状態を我慢している身体・・・
身体を動かすことができない。
身体を動かすことができない志乃に対して、大樹は、クリトリスに結びついている糸を引っ張り、無理やり歩くよう指示する。
(きゃん・・・私の身体に触れないで・・・おかしくなってしまいそうなの。・・・)
ゆっくりと志乃は歩き始め、なんとか、教壇までたどり着く。
志乃は、俯いたまま顔を上げることができない。
(ダメ・・・お腹が・・・もう、漏れちゃう・・・)
顔は青ざめ、膝がガクガクと震える。
(お尻の中が、熱い・・・痒い・・・苦しい・・・助けて・・・)
志乃の顔に脂汗が染み出てくる。
(もう・・・限界・・・)
「先生、訳し終わりましたけど」斎木が志乃に発言する。
「はああ、うっ・・・斎木さん・・・あ、あり・・が・・と・・う」
「みんな、す・・・すまない・・・けれど・・先生・・・体調・・・悪くなって・・・しまった・・ので、これから・・・自習にして・・・もらえる・・・かしら」
「先生、顔青ざめていますよ、汗もすごい出ているし、大丈夫ですか?」
「ごめん・・みんな・・・酷く・・・苦しいの・・・自習して・・・いてね」
『先生、保健室行くんですか?だいぶ苦しそうなので、僕が付き添います』大樹が、志乃に声を掛ける。
「あっ・・・ありがとう・・・でも、一人・・・大丈夫よ」志乃が教室から出て行こうと歩き始めると、大樹はローターのスイッチを入れた。
「ああ・・・」『ほら、やっぱり、誰か突いていったほうが良いですよ』
「はううう」
大樹は、志乃に肩を貸し、志乃を支えながら、教室を出て行く。
大樹の肩に支えられながら廊下を引きずられるように歩く志乃。「ああああ・・・大樹君・・・・ローター・・・止めて・・・もう・・・出ちゃ・・・いそうなの・・・刺激・・・あ・・・た・・え・・な・・い・・・で・・」
『先生、僕が肩支えてあげているから、トイレまで我慢しなよ』
「本当にもう・・・限界・・・超えて・・るの。」
『甘えるなよ。僕が肩支えてやっているんだから。我慢しろよ。』
「うう・・ひどい・・・ああ・・・出・・・ちゃう」
なんとかトイレに着き、女子トイレに志乃が入ろうとすると、『先生、こっちでしなよ』
「えっ・・そっち・・は、・・男子・・・トイレ・・・よ」『いいんだよ』
「・・・いやよ・・・」
『なら、トイレには行かせないよ。』
「・・そんな・・・」『ほら、こいよ』
志乃は、男子トイレに入った。個室に入り、ドアを閉めようとすると、大樹がドアを抑え『志乃は、ドア閉めずにやりな』
「・・・なにいってるの・・・そんなの・・・できないわ」『できないなら、ずっと我慢していれば?』
「・・・」志乃は、大樹に逆っても無駄なことは、痛いほどわかっている。排泄の限界は、超えている・・・しかたなく、ドアを開けたまま、スカートを下ろし、便器に座ろうとすると。大樹がスカートを剥ぎ取り
『志乃は、立ったまま排泄しな』「・・そんな・・・」
『できないんだったら、僕に犯されたまま排泄する?』
大樹は便器に座り『ほら、自分で入れてきな』
「そんなの・・・できない・・・」
『じゃあ、そのままずっと、そうしていな』
「・・・許して・・・」「大樹君・・・もう、だめ・・・出ちゃう」
『出したいなら、自分で入れるしかないよ』
志乃は、耐え切れず、大樹のモノを自ら受け入れていく
。「はあああ・・・」ゆっくりと腰を沈めていく。
トロトロになった膣の中に大樹のモノが滑り込んでいく。「あああああ・・・」
『先生のすごく熱いね。それにヌルヌル。ははははは』
大樹はローターのスイッチを入れた。
「ふうううう・・・・ダメ・・・逝っちゃう・・・出ちゃう」
大樹は、志乃の身体を上下させ、志乃の子宮を突く。志乃のGスポットを擦る。
「ああああ・・・気持ちいい・・・出ちゃうううう」
志乃は、大樹のモノをきつく締めながら、
「ああああ・・・・逝っちゃう・・・」
志乃は、逝くと同時に、排泄してしまう。
「はああああああ・・・・」
大樹は、志乃の身体を激しく持ち上げては降ろし、子宮を突き上げる。
「うああああ・・・おかしくなっちゃううううう・・」
志乃は逝き続ける。大樹は志乃の子宮に精液を吐き出した。「はああああ・・・熱いいいい・・・」
激しく身体を痙攣させて志乃は、気を失ってしまった。

ランキングにご協力を


15:48:29
何度も逝く寸前で、刺激を止められ、志乃の身体は、耐えられなくなっていた。
(もうダメ・・・一度、逝かせてもらえないと、私おかしくなってしまいそう)
すると、志乃の携帯が振動した。メールが届いたのだ。志乃が大樹に視線を向けれと、大樹はニヤリと笑い、携帯のメールを見るように、促す仕草をしている。
志乃が、携帯を開くことに戸惑いを見せていると、
教科書を読まされていた山本が、「先生、僕は、どこまで読めばよいのですか?」と志乃に問いかける。
「あっ、ごめんさい。ここまででいいわ。では、今の山本君が読んだところを、真篠さん訳して。」
真篠が訳し始め、生徒の視線が教科書に移るタイミングを察して、志乃は、携帯のメールを確認する。
(先生、せっかく素敵な格好しているんだから、みんなの机の周りを歩き回りなよ。先生の股間から流れているラブフェロモンの香りも、クラスの生徒たちに振舞って上げなよ)
(ばかなこと言わないで、こんな格好で、前で授業しているだけでも恥ずかしいのに、歩き回れるわけ無いでしょう)
(あれ?志乃は、まだ、僕の怖さをわかっていないみたいだね。お前は、僕の奴隷なんだよ。僕が、授業中だからといって、何もできないとでも思っているの?今すぐ、お前が犯されていて喜んでいる動画をクラスのみんなと一緒に鑑賞しても良いんだよ。)
「・・・」
(ごめんなさい。大樹君、そんなこと止めて。先生をもう許して。こんな格好で生徒の間を歩いたりしたら下着穿いていないの知られてしまうかもしれないわ・・・これ以上先生を辱めないで。)
(奴隷が、僕の命令に逆らった時には、どうなるかを、もう少し志乃には、わからせたほうが良いみたいだな。)
「・・・」(ごめんなさい。大樹君。もう逆らいません。)(わかったなら、さっさと教室内を歩き回りなよ。全ての席の周りを歩くんだよ。全て歩き回ったら、僕の席の隣にくるんだ。)
(はい)志乃は、大樹の命令に抗うことを諦め、教室内を歩き始める。
志乃が前列の生徒の机の横を通り過ぎた時、再び、ローターのスイッチが入る。
「あ・・・」志乃は、そうされることは、予測はしていたが、敏感なクリトリスの刺激に身体は反応してしまう。歩みが一瞬止まるが、周囲の生徒に悟られぬよう歩みを進める。男子生徒は、志乃が自分の机に近づいてくると、志乃のミニスカートの裾にチラチラと興味をそそられた視線を向けてくる。
志乃は、その視線を敏感に全身に感じてしまう。

ローターの振動は等間隔で、振動と静止を繰り返している。

志乃はスカートの中で振動するローターのクリトリスへの刺激で潤む愛液が、内股へと流れ落ちるのではないか、振動音が生徒に聴こえてしまわないかとヒヤヒヤしながら歩き続ける。

『おい、誰か携帯が振動しているぞ。授業中は携帯の電源切っておかないと柏木先生に怒られるぞ。そうですよね。柏木先生。』
大樹がニヤニヤしながら生徒と志乃に声を掛ける。
志乃は、赤面品がら「そうね。」と小さく答える。
大樹は、携帯の振動音のように、ローターのスイッチの静動を繰り返す。(やめて、大樹君)
『まだ、携帯なってるぞ。山田、お前だろう』
志乃が山田の机の横を通り過ぎる時、大樹が発言する。
「俺じゃないよ。こっちの方から携帯の振動音聞こえているだろうよ。」山田は志乃の方向を指差しながら発言する。(いやよ。止めて、大樹君。このままじゃ、私のスカートの中から、振動してるのがばれちゃうわ。)
大樹は、ローターの振動を大きくする。
(あああ・・・だめよ)
生徒全員の視線が自分の方向に向けられている為、志乃は、悟られぬよう身体が反応しないように懸命に耐える。
大樹は、さらにローターの振動を大きくする。
(ああああ・・・ダメダメダメ)
クリトリスへの強い刺激が志乃の性感を高まり、熱く濃い愛液が股間の股間から流れ落ち始めた。志乃は、膝を痙攣させながらも、懸命に歩きつづける。
和訳をしていた真篠が
「柏木先生、わたしは、どこまで訳せばいいんですか?」
「あううう。そ、そうねええ。あっ。ここおまでで、い、いい、わ。つぎは、斎木さん、ああ、や、やく、く、し、して」
「は、はい」生徒の視線は、志乃から斎木に移る。
志乃は、教室の一番後列まで歩き着いた。
(もう、スイッチ切って・・・)
志乃は大樹に視線で訴える。
大樹は、ローターのスイッチを切り、指で、自分の席まで来るよう志乃に合図を送る。志乃が大樹のそばまで来ると、大樹は、徐に志乃のスカートの中に手を入れ、いきなり志乃の割れ目に2本の指を挿し込んだ。
(はううう・・・)
大樹は再びローターのスイッチを入れ、挿し込んだ2本の指で、志乃の膣内壁を掻き毟った。
(あううん・・・)潤みきった志乃の股間から蜜液が教室の床に垂れ落ちる。
(あわわわ・・・わ)志乃は必死に声を抑えながら、膝と腰を痙攣させる。
大樹は1本の指で、志乃のGスポットを掻き、もう1本の指先で志乃の子宮口を押し込みながら擦り続ける。
(今、そこを刺激しないで・・・・あああああ・・・いっちゃううううう)
志乃の身体の痙攣が激しくなり、逝きそうになった時、大樹は、ローターを止め、指を引き抜いた。
(はううう・・・・・・なんで・・・)


ランキングにご協力を


2013/08/10
15:52:25
駅から、近い学校に着くと、登校してきた男子生徒達は、志乃の格好を見て、小声で『今日の柏木先生の格好、凄くエロくてやばい。』といいながら、志乃の姿を好奇の目で見ながら通り過ぎていく。女子生徒たちは『いやだあ。柏木先生、なんか厭らしい。』という嫌悪の目で見ながら通り過ぎていった。
周りの視線、状況を気にしている志乃の耳には、生徒たちの囁き声が耳に入っていた。
(違うのよ。みんな。・・・・)

職員室前についた志乃は、職員室の扉を開けることができずに、躊躇していたが、意を決して扉を開けて中に入ると、志乃の姿を見た、教師たちは、一瞬驚いた顔をするが、すぐに視線を反らし、いつものように授業の準備に取り掛かった。
志乃は、教師の視線に恥ずかしさを感じながら、自分の席へと向かった。

始業の時間となり、担任クラスの教室の扉を開け、室内に入ると、生徒たちの視線が一斉に志乃に向けられる。男子生徒の好奇の目、女子生徒の好奇と嫌悪が入り混じった視線、生徒間での囁きで、教室内がざわつく。
松原は一番後ろの席で志乃の姿を見ながらニヤニヤとしていた。
志乃が挨拶をするが、ざわつきはおさまらない。

恥ずかしさで、強張った小さな声で申し伝えが終わり、そのまま、授業に入る。
「では、今日の英語の授業に入ります。今日は、教科書の36ページからでしたね。」
突然、ローターが振動を始めた。
「ああっ・・・」
「先生、どうしたんですか?」生徒の一人が志乃に声を掛ける。
「大丈夫、なんでもないの。・・・」クリトリスへの刺激と突然の振動で喘ぎ声を出してしまった恥ずかしさで、志乃の顔は、みるみる紅潮してくる。
「先生、顔赤くなっていますよ。本当に大丈夫なんですか?」
「ええ、昨日の夜から、少し風邪気味みたいなの。そのせいで、少し、顔が赤くなってしまっているのかも」震える声で生徒に応える。

「ええーと、ああっ・・・山本君・・・・36ページの・・・最初から・・・読んで」
「あっ、はい・・・・」
山本が読み始めるとスイッチは切れ、志乃がほっとすると、暫くして、ローターのスイッチが入る。
志乃の下半身がビクッと震える。チリンチリン・・・志乃のクリトリスに結ばれている鈴が鳴る。前の席に座る生徒達が鈴音に反応し、鈴の音を探すように周囲を見渡す。
(あああん・・・)志乃は、必死に感じてしまう声を我慢する。
鈴の音が自分であると悟られない為に、下半身の震えを必死で我慢する。
志乃の快感神経を刺激し続けるクリトリスをへの振動に必死で耐える。
しかし、昨日から犯され続けた敏感な身体は、志乃の意志では、止めることはできず反応してしまう。
志乃の割れ目は芯から熱くなり膣内部からジュワッ、ジュワッと、愛液が溢れ出てしまう。
(あああ・・・なんで、私の身体は、反応してしまうの?・・・)
志乃が感じてしまう声と身体の震えを耐えれば耐えるほど、志乃の割れ目は熱く潤んでしまう。
志乃は、膣内部で、溢れ湧く愛液が割れ目から出てしまわないように、内股に力を入れて締めるが、締め付けたことが逆効果で、ブチュと小さな音がして、内股に大樹の精液と共に志乃の愛液が垂れてしまう。
(あああ、なんで・・・)
志乃は、生徒に気づかれぬよう、垂れてしまった液体を拭き取りたいのだが、志乃の様子に異変を感じて生徒の視線が集まっていることを強く感じ、身体を動かすことができない。

割れ目から溢れる液体は、志乃のお尻にも、垂れてき始める。
さらに、液体が溢れ出てこないように、必死に内股を締め付ける志乃の身体に、新たな異変が起こり始めた。
液体が志乃のお尻の穴をに伝い始めると、志乃のお尻の穴内部が、熱くなり、お尻の穴内部も潤み始めてきた。
お尻の穴の内壁が熱くムズムズとし、膣内部で愛液が染み出るように、お尻の穴内部でも、何かが湧き出てくるのを、感じ始めた。
前の穴と後ろの穴の潤みと気持ち良さで、下半身がムズムズとし、志乃は、いつもの凛とした姿勢を保つことができず上半身を支えるように教壇に寄り掛かかった。
後ろに生徒がいたら、志乃のスカートからは下着の付けていない下半身が丸見えになってしまうような姿勢で・・・・
割れ目が露出され、クリトリスから糸が垂れ、鈴が取り付けられていることもわかってしまう。

ローターの振動は、更に強くなり、志乃の性感は、益々高まっていく。
(やめて、松原君、このままだと、先生、みんなの前で逝ってしまう・・・ああああ・・・・)
志乃が抑えようとしても、腰は勝手に痙攣してしまう。志乃の腰が動く度に、
チリン・・・・チリン・・・チリン
クリトリスの鈴の音が教室に響く。
生徒は、心配そうに、不思議そうに、好奇そうに、それぞれの視線で志乃が教壇で腰を痙攣させている姿と痙攣と共に聞こえてくる鈴の音に視線を向け、耳を傾けていた。
志乃は、知られてはまずいと思いながらも抑えられない腰の痙攣と鈴の音に、極度の恥ずかしさを感じていた。さらに自分に集中する生徒の視線が、恥ずかしさをさらに高めていく。
(ああああ・・・逝っちゃう・・・)
志乃が逝ってしまう寸前に、ローターが止まった。


16:44:46
朦朧としたまま朝を迎えた志乃。生徒は目覚めると、
『先生、昨日は良く眠れた?もう、学校に行く時間だから準備しないとね。』そう言うと、生徒は、ローターを外した後、志乃のクリトリスを剥き出し、クリトリスの根本を、釣り糸できつく結んだ。「何をしているの?もう学校に、行かなければならないのよ。」
『そうだね。先生。だから、学校に行く準備をしているんだよ。』きつく結んだ釣り糸の先に、生徒は用意していた鈴を取り出し、糸先に結びつけた。そして、また、ローターを手に取り、クリトリスに触れる位置に貼り付けた。『先生は、今日はこの状態で、学校に行ってもらうからね。』「何馬鹿なこと言っているの?」『先生は、昨日、僕の奴隷になったんだよ。そうでしょう志乃先生』「そんなこと知らないわ。あなたが、卑怯な手を使って、私に言わせただけですから。」「私は、あなたなんかの奴隷ではありません。」『先生は、まだ、僕のことがわかっていないみたいだね。昨日先生が何度も逝った姿や、「奴隷になります」と誓った姿は、すべてビデオに撮っているんだよ。僕が、WEBで、その動画を流したらどうなると思う?・・・志乃先生』
「あなたは、本当に卑怯ね。松原君・・・」
「やめて、撮った動画は、他の人には見せないで・・・お願い。」『お願いするとおうことは、先生は、僕の奴隷になるということでいいんですね。僕の命令に従うんですね』
「わかったは、私は、あなたの奴隷になるわ。あなたの命令に従います。」
『では、今日、先生は、僕の命令したとおりの格好で学校に行ってもらいます。今日、先生が学校へ行く時に来ていく服も用意したから、先生は、すぐに着替えて。』
松原大樹は、志乃の傍らに、ミニのタイトスーツと白のブラウスを置いた。
大樹は、志乃の手足を縛っていたロープを解いた。
『先生、もう、始業までの時間が迫っているから、急いで着替えたほうが良いよ。』
志乃は、ベットから立ち上がり、クローゼットに向かう。『志乃先生、どこに行くの?ここで、用意した服を着るんだよ』「下着を取りに行くの。それからシャワーも浴びないと。」『先生、シャワーを浴びている時間は無いよ。それから、先生には、下着は無いよ。先生が昨日、逝って気を失っていたときに、僕が、先生の下着は、全て処分しておいたからね。』
「松原君、私の下着勝手に処分するだなんてどういうこと?ふざけないで。」『先生・・・奴隷が、なんて口の聞き方をするの?自分の立場を理解しないと、僕も、容赦しないよ。奴隷には、下着は必要ないから、僕が処分したんだ。先生は、今日から下着は付けなくていいよ。』
「そんな・・・」『先生、早くその服を着なよ。』「松原君、時間が無いのはわかっているけど、せめてシャワーを浴びさせて。私、昨日、あなたに犯されて身体が汗だらけになっていたから、このままでは、学校に行けないわ。それに、このままで行ったら、あなたの精液が、私の股間から、垂れてきてしまうわ。」
『奴隷が汗臭いのは、当たり前だろう。先生は、僕の性処理奴隷なんだから、股間から僕の精液の臭いがしするのも当たり前だよ。先生の股間から、僕の精液が垂れるのがいやなら、先生が、お股締めて、でないようにすれば、いいんじゃない?』
「いやよ・・・ねえお願い」
『ほら、早く着替えろ。志乃。ぐずぐずしているなら、用意した服も取りあげて学校へ行かせるぞ』
「ああ、なんでこんなことに・・・」
志乃は、用意された服を、着始める。
スカートは、とても短く、穿いてみると、ひざ上20cm程度の短さだった。スカートを穿いている間、クリトリスに結び付けられている鈴が、揺れ、鈴が鳴り響いていた。「ねえ、松原君、鈴は外してもらえないかしら。それに、スカートが短かすぎて、私のお尻が見えてしまうわ。スカートの中から鈴が見えてしまいそう。スカートから鈴が垂れていたりしているの見られたら、おかしく思われてしまうわ。」『大丈夫だよ先生、ちゃんと僕が計算して用意してあるんだから。奴隷は、そんな心配しなくていいんだよ』
「あああ、いやよ・・・」『それより、早く上も着るんだよ。』
しかたなく、志乃は、ブラウスを身につける。「松原君、このブラウス、上のボタン3つ取れてしまっているわ。それに、このブラウス、私には、少しきついわ」『先生、取れてしまったのではなく、僕が取っておいたんだよ。サイズも僕の計算どおりだよ。』「ブラも付けさせてくれないのに、これでは、私の胸が見えてしまうじゃない。」『奴隷は、文句を言わずに、黙って用意されたものを命令どおりに実につければいいんだよ。』「酷いわ。こんな格好では、外に出られないわ。」『まだ、僕に文句を言うのかい?何度言っても、物分りが悪い奴隷だな。僕が、外へ出ろといったら、文句を言わずに外へ出るんだよ。物分りの悪い奴隷には、お仕置きをしなければならないね。』
『先生、テーブルに手をついて、後ろにお尻を突き出しな。』志乃は、いわれたとおりに従う。『もっとお知りを後ろに突き出して、脚を開いて』
松原は、命令に従う志乃のお尻を掴むと、左右に開き、あるものを取り出し、志乃のお尻の穴に差し込んだ。「きゃー、何をするの」松原は、それには応えずに差し込んだものを、強く握り締めた。「あああ、何?何かお尻の中に入ってくる・・・」『奴隷が、あまりに言うことを聞かないから、お仕置きをしたんだよ。いちじく浣腸だよ先生』
「ああ、お尻がヌルヌルして気持ち悪いわ。・・・お尻の中が何か変よ。・・・あああ、松原君おトイレに行かせて」『ほら、ぐずぐずしないで出かけるぞ。志乃』
「だめ・・・オトイレに行かないと・・・松原君、出ちゃいそうなの。」
『まだ、命令に従わないのか?僕が、外出すると言ったら、奴隷は、命令に従えばいいだよ。それとも、また、お仕置きされたいのか?いちじく浣腸なら、沢山用意してあるから、いくらでも、やってやるよ。僕の命令に背いてもいいんだよ』
「いやよ。許して・・・本当に出ちゃいそうなの。・・・お願い松原君」
『もう一度だけ言う。出かけるぞ、志乃。・・・返事は?』
「・・・・はい・・・」
志乃は、大樹と共に、部屋からでる。
『僕は、先生の後から行くから、先生は先に歩いて行きな。何かあったら、僕がメールするから、先生は、それに従えば良いからね。』
「・・・」
『志乃、返事は?』
「・・・はい・・・・・松原君、お腹が痛くてゆっくりしか歩けないの。早く歩くと出してしまいそうなの。それに、私の前のほうからも歩く度にあなたの精液が出てきてしまいそうなの。」
『先生、奴隷は耐えることも覚えていかないとね。僕の精液が先生のおま○こから、出てくることは、いいことじゃない。先生のおま○こから、僕の精液の匂いがすれば、先生が僕の奴隷だという証にもなるからね。周りの人に変な匂いがする・・なんて言われたら「私のご主人様の精液の匂いです。」って、教えてあげるんだよ』
「そんな・・・酷い・・・」(昨日、あなたに4度も犯されて中に出されているのよ。このまま、歩き続けていたら、内股伝って、流れ出てきてしまいそうなのに・・・)
『さあ、ぐずぐず歩いていないで早く歩きなよ。先生。僕に追いつかれたりしたら、道端であろうと、また、お仕置きで、浣腸するからね』
「・・・・」志乃は、逆らってもダメだと観念し、再び歩き始める。我慢しながら歩いていると、前の方から、内股に精液が垂れ始めてくる。志乃は、流れ出ないように必死に内股に力を入れ締めながら歩く。歩く速度が遅くなると、大樹からのメールが届く。(先生、歩くの遅くなったよ。僕が、追いつきそうだよ。先生が、ここで、浣腸をされたいというなら、遅く歩いてもいいけどね。)
(・・・酷いわ・・・あなたのものが垂れてしまうのを我慢しながら歩いているのに)
志乃は、歩く速度を速める。(ああ、だめ、早く歩くと垂れてくるわ。もう、おなかも痛くて出てしまいそう。限界だわ。)
しばらく我慢しながら歩いていると駅が近づいてきた。通勤・通学の時間帯なので、駅に近づくにつれて、人が多くなってくる。露出の多く、下着も付けていない自分の姿に、周りの視線が集まっているような気がしてならない。恥ずかしくて、周りを見ることができず、自然に身体が強張ってくる。
駅に着くと、志乃はお腹が痛くて限界になり、大樹に近づき小声で「松原君、お願いオトイレに行かせて。私、もうお腹が痛くて限界なの。もう漏れてしまいそうなのよ。電車に乗ってしまったら、学校のある駅まで20分は電車の中よ。電車の中で漏らしてしまったら大変なことになるわ。お願い、松原君行かせて。」
『先生、浣腸は、先生が、僕の奴隷だということをわかってもらうためにしたんだよ。まだ、先生が僕の奴隷だということを認めていない態度をとるからお仕置きとして、したことをわかっているの?』
「・・・」
『なんで、まだ、奴隷の自覚ができていない先生を、許してあげなくてはいけないの?先生は、まだ、僕の奴隷だと自覚していないでしょう。我慢ができなくて恥をかくのは先生だよ。僕は、電車の中では、先生からは離れて乗るから、僕には、先生が漏らすか、どうかなんて関係ないよ。恥をかきたくなければ、先生は漏らさないように耐えればいいだけだよ』
「・・・もう限界なのよ・・・許して松原君」
『ダメだといったろう。志乃。早くこの階段上がって改札を通って、電車に乗るんだよ。』
「・・・もういいわ。あなたになんかに許可してもらう必要無いわ。もうこのままでは、限界・・・わたしは、トイレに行く。・・・」
『そう・・・
では、先生の我慢もここまでということで・・・・
今から先生の昨日の姿をWEBに流すからね。学校の友達や学校の先生のアドレスにも匿名メールで届けるから。
先生は、今おトイレ行くことが、学校の皆に恥ずかしい姿を見られてしまうより、大事なことなら、それは、それで仕方ないね。』
「・・・ううう・・・待って・・・松原君・・・」
「先生が間違っていたわ。松原君の言うとおり、我慢して、電車に乗ります。」
『そう・・・
僕はどっちでもいいんだけどね。先生がそうしたいならそうすれば。
でも、また、ご主人様の僕に手間取らせたんだから、お仕置きは、必要だからね。
ペットも、飼う時には、しっかりと躾ないとお行儀の良いペットとして育たないからね・・・。
プライドがある人間であれば、余計にしっかりと躾けるために、きついお仕置きを、きちんとしていかなければね。先生、あそこへ移動するよ。付いて来な。』
「・・・」大樹は、人通りのない隅へ移動すると、
『先生、脚を開いて、お尻を突き出しな』
「・・・こんな場所で無理よ・・・もう、限界超えているのわかっているでしょう」
『はい、また、口ごたえした。いちじく1つで済まそうとしてやったのに、口ごたえしたから、さらに1つ追加ね』
「・・・・ううう・・・」志乃は、大樹に言われたとおりの格好をすると、大樹が、志乃のお尻開き、イチジク浣腸を志乃お尻の穴に差込むと、ゆっくりと中の液体を注入していく。「・・ああああ・・・だめよ・・・。出ちゃう。」『まだ、1つ目だよ。次のいくよ』大樹は、1つ目の浣腸を、注入し終わると2つめを取り出し、また、志乃のお尻の穴に差込み、ゆっくりと絞り入れていく。
「うがあああ・・・だめ・・・だめよ」
『はい、終わったから行くよ。先生』志乃は限界と感じていた状態でさらに、浣腸液を注入され脚が震えて動けない。
『先生・・・そこから、動かないということは、まだ、浣腸を続けて欲しいのかな?』
「・・・いいえ・・・移動します・・・ううう・・」
排泄の我慢の限界を超えて耐えている志乃は、これ以上、大樹に浣腸をされまいと、必死に歩き出す。一歩一歩が、苦しく、脂汗が出てくる。
『先生、早く階段上がりなね・・・スカートが短いからって、女子高生みたいに、お尻を手で隠すようなハシタナイ歩き方したらダメだからね』
「・・・ううう・・・」志乃は、階段をゆっくりと上っていく、一歩踏みあがるたびに、お腹への圧力が、掛かり、お尻の穴から漏れ出しそうになり、必死に、尻穴を締めながら上っていく。
ゆっくりと、階段を上る志乃短いスカートを下から覗き込もうと、高校生やサラリーマンがニヤニヤしながら志乃の後ろから階段を上ってくる。大樹からメールを読むと(志乃先生の姿が、あまりにセクシーなんで、みんな後ろから覗き込んでいるよ・・・。
先生が前かがみでゆっくりと階段を上っているから、ミニのスカートから、先生のお尻の割れ目見えちゃってるね。高校生が「あの女の人、パンティーはいてないんじゃない?」なんて、こそこそ、話をしているの聞こえちゃったよ。)大樹のメールには、下からの志乃の姿を撮った写真が添付されていた。
「ああ・・・・いやーあああ」志乃は、自分の恥ずかしい後姿の写真に絶句し、急いで階段をあがっていく。恥ずかしさで顔は赤くなり、身体を震わせながら、必死で移動する。
お腹の苦しさも、あったが、恥ずかしすぎて、早足で階段を上りきった。階段から少しでも早くでも、早く離れたかったので、すぐに改札を通り、電車のホームへと移動した。ちょうど電車が、ついたので、すぐに、電車に乗り込んだ。
恥ずかしさから逃れるために必死に動いている間は、お腹の苦痛を一瞬忘れることができたが、電車に乗り込んでから、少し、落ち着くと再び、お腹の苦しさを感じ、急いで歩いた反動で、お腹の中で、便意が暴れ始めた。志乃は、必死で、お尻を締め、耐えるが、腹部での暴れは収まらない。ますます、便意は激しくなってくる。志乃は、必死で耐える。身体を前かがみにしたいのだが、満員電車で、前かがみになることができない。脂汗が流れ出て、顔は青白くなり、身体は、小刻みに震えてくる。
必死に耐え続けている志乃に、さらなる追い討ちが掛かる。志乃のクリトリスに触れているローターが突然振動し始めた。「あああ」志乃は思わず叫んでしまう。周りの人が志乃の声に驚き志乃に視線を向ける。
志乃は、恥ずかしさで周りの視線から視線を外す。
ローターは志乃の突起に触れるか触れないかの位置に貼り付けられていたため、振動しているローターは、クリトリスに触れたり、離れたりを繰り返す。
ローターがクリトリスに触れるたびに、声が出そうになるのを必死に耐える。
ロータをクリトリスに触れないようにするため、身体を後ろに反らすと腹部が緊張し、便意が暴れだし、便意により身体に震えが走る。
便意から逃れるために、身体を前かがみにすると、ローターがクリトリスに当たる。声を必死に我慢しながらクリトリスの刺激に耐え続ける。
クリトリスに振動が伝わっている時には、便意の我慢とは、別の震えが身体に走る。
志乃の身体は、便意の我慢による脂汗と震え、クリトリスへの甘美な刺激により身体の芯が熱くなってきたことによる汗と震えで、満員電車の中で汗でびっしょりとなっていた。
上半身のスーツの下のブラウスは、汗で志乃の身体に張り付き、ブラを付けていない志乃の乳房、乳首は、ブラウスから透けて丸見えになっていた。
上着を身につけていたので、後ろからは、その様子はわからないが、志乃の前、側面にいる人からは、志乃の乳房と乳首は、はっきりと見えてしまっていた。
前と側面の人からの視線が熱くいやらしい視線であることに、志乃は気がついていた。自分で胸元を見ると汗で張り付いて透けている自分の乳房と乳首に硬直する。
しかし、その視線や恥ずかしさは、お腹で暴れる便意とクリトリスへの刺激で、気にしている余裕が志乃には、なかった。
性的刺激が、徐々に身体の芯を熱くし、電車の中で、逝ってしまいそうな恐ろしさを感じ始めてきた。
ロータが振動し始めてから、クリトリスから垂らされていた鈴は、細かく小さな音で鳴り出していた。

満員電車の雑音でかき消され、周囲へ音は聞こえていないようであったが、止まらぬロータの刺激が志乃の身体へは快感の波となり、志乃の下半身を痙攣させていった。志乃の割れ目からは、熱い愛液が、大樹の精液と共に溢れ出してくる。志乃は愛液と共に割れ目から溢れ出す精液を、締め付け止める気力は、もうなくなっていた。
いきそうになると、身体を反らせ、快感から一瞬でも逃れることも、もう、我慢できなくなっていた。
(あうううううう)志乃の下半身は、大きく痙攣する。大きく痙攣するとクリトリスに結び付けられた鈴も揺らされ、激しく鈴の音が鳴り始める。
志乃のクリトリスは、根本から鈴の重さで引っ張られ、更に志乃のクリトリスに強い刺激が加えられる。
志乃の痙攣は下半身だけでなく、上半身までガタガタと小刻みに震わせる。
周囲の人は、志乃の身体が突然痙攣しだしたことに驚き、「どうしんたんですか?大丈夫ですか?」と声を掛ける。
身体が痙攣しながらも、志乃は、排泄をしまいと、必死に、逝ってしまって気を失わないように必死に耐え続ける。このことが、志乃の快感による身体の痙攣を長く引き伸ばす。
志乃の身体は、これまで感じたことのない深く長い快感を電車の中で感じていた。
ようやくローターの振動が止まり、志乃の身体は痙攣から解放された。
志乃は、意識朦朧としたまま電車の中では我慢し、なんとか、志乃が通う学校がある駅まで耐え続けた。
電車が、駅に着くと、いっせいに学生やサラリーマンが電車から降り、志乃もその波に押し出されるように電車から降りた。
電車の中で逝ってしまった身体は、まだ、熱く身体のいたるところも敏感なままで、身体に触れられるだけでも、反応してしまいそうだ。
便意の苦痛は、頂点を通り過ぎていた。快感による痙攣は止まったが、今度は、駅に着いた安心感からか、便意の我慢による身体の震えが志乃の身体を支配する。
(はやく、トイレに行かないと・・・)
志乃は、駅のトイレに向かう。トイレに向かう志乃を大樹が呼びとめ、『先生、よく我慢したね。駅の障害者用男子トイレの中で待っているから、トイレの前に着いたら、僕にメールしな。』大樹は、足早に先にトイレに歩いていく。
「・・・・はい・・・・」志乃は、大樹に反論する気力も無く、大樹の指示に返事をすると、ゆっくりと、指示された場所へ向かう。トイレの前に着くと大樹にメールをする。
トイレのドアが開き、大樹が中から出てくる。志乃がトイレの中に入ると
『どう、先生。先生は、僕に逆らうとどうなるか良くわかった?』
「・・・はい・・・」
『先生は、僕の命令に素直に従えるよね。』
「・・・はい・・・」
「松原君、先生、松原君の言うことには、もう逆らわないから、もう、させて欲しいの。もう限界なの。お願い・・・」
『先生、何をさせて欲しいの?』
「排泄をさせて欲しいの。もう、出てしまいそうなの・・・」
『先生は、僕の何?』「・・・・・・奴隷です・・・」
『本当に、先生は、僕の奴隷でいいんだね。奴隷は、ご主人様の言うことには絶対に服従しなければならないんだよ。』
「・・・はい、もう、逆らったりしません。服従します。・・・」
『本当かな?先生は、物わかりの悪い奴隷だから、口だけじゃない?』「・・・絶対に従います。・・・だから、お願い、もう出させて。」
『ほら、また、僕が尋ねたこと以外に、勝手にしべって、自分が、解放されることを優先している。』
「・・・・」
「でも、もう本当に我慢できないんです」
『なら、僕のこといかせることができたら、出しても良いよ』
「・・・・」「ううう、もう・・・・」
「わかりました。イカさせてください」
『はい。じゃあ、先生、ひざまづいて、咥えなよ。僕のを先生がズボンから丁寧に取り出して』
志乃は、大樹の前にひざまづくと、ズボンのチャックを降ろし、口に咥えた。
志乃は、それまで、自分の彼のモノでさえ口で愛撫するなどしたことが無かった。
知識では、知っていたが性的に経験の少なく清廉な志乃は、男性のものを口に咥えるなどということが、はしたない行為であると、軽蔑してしていたのだ。
『先生、下手だね。口でするの経験無いんでしょう。僕のこと逝かせられないんなら、先生にも出させて、あげないからね。経験ないなら教えていあげるから、僕の言うとおりにするんだよ。』
志乃は、生徒に教えられるなど、プライドが傷つき、憤慨したのだが、大樹に逆らうことができないことは、もう、わかっていた。言われた通りに、口で、大樹のモノを愛撫していく。大樹のモノ、段々と大きく硬くなってくる。
志乃は、大樹のモノを口で愛撫するうちに、だんだん、自分の割れ目も潤んでくるのを感じていた。
大樹は、志乃の頭を掴むと、硬くなったものを喉奥まで深く押し込んでくる。急に、喉奥に深く押し込んできた大樹のもので、息ができなくなってしまう。しかし、大樹は、志乃の様子にかまわず、押し込み続ける。「うええ・・・おえええ・・・」
大樹は、志乃の喉をまるで性器のように、奥深くまで貫き続ける。志乃は、息苦しくなり、大樹の下半身から、離そうと大樹の下半身を押すが、それ以上の力で、大樹が激しく志乃の頭を押さえつけるため更に、喉奥深くまで、大樹の性器が押し込まれる。
「うがががが・・・おえ・・・おえ・・・」志乃の口からは、大量の涎が垂れ続ける。
『先生、喉奥を開いて、歯を立てずに、口をすぼめて、舌で僕のものを愛撫して』
息ができない苦しさで、意識が遠のく中で、志乃は、大樹の命令に従う。志乃は、口を犯されている内に、自分の性器に、挿入されてるような錯覚に陥る。
『先生、そろそろ出るからね。全部飲み込むんだよ』
暫く喉奥を犯され続けている内に、大樹が達した。志乃の喉奥に深く押し込んだ状態で、大樹性器から、精液が勢いよく噴出してくる。
志乃の飲みこもうとする意識より早く、大樹の精液は、志乃の喉を通り、強引に胃まで流れ込んでいく。
大量に噴出す精液は、喉に流れ込むものと、喉奥から、志乃の鼻から溢れ出すものとに分かれた。
「おえ・・・おえええ」志乃は、強引に流れ込んできた精液と鼻から流れ出た精液でむせ返る。
志乃は苦しくて噎せ返っている中でも、便意の限界を感じて、
「お願いです。もう、ダメです。出させてください。・・・」
志乃は、まだ硬いままのモノを口から取り出すと、大樹に懇願した。
『そろそろ、許してあげようかな。じゃあ、先生、僕のモノを先生の中に入れながらなら、出させてあげるよ』
「・・・そんな・・・」
大樹は、志乃と向き合い、まだ、硬いままのものを志乃の割れ目に当てる。
「あああ・・・ダメ・・・・」
大樹に口を犯されている間、志乃の割れ目は熱く潤んでいた。強引に押し込んでいく大樹のものは、潤んだ志乃の割れ目にゆっくりと、簡単に入り込んでいく。
『先生、もう我慢できないんでしょう。早く出していいよ。』
大樹は、志乃と向き合い挿入したまま、志乃と便座を跨ぎ、立ったまま、志乃を犯す。
「あああ、ダメよ。・・・・こんなままじゃ」
「お願い、中から出して、私一人で、出させて・・・」
『先生は、僕と一緒に出すんだよ。』
「ああああ、だめよ・・・だめ・・・こんなままでは出せない」
『先生、先生が出すまで僕はやめないからね。』
「そんな、大樹君、先生をもう許して・・・本当にもうダメなの」
大樹に身体ごと揺らされ、突かれ続け、志乃は、もう排泄寸前のところまで、追い込まれていた。
「大樹君、ダメ・・・・」志乃は排泄しようとする最後の抵抗として、大樹のモノをきつく締め、内部は収縮する。
『先生・・・先生の中、きつくしまって、喜んで動いているようだよ。』
さらに大樹は激しく出し入れし、志乃の限界を感じ取ると、最後に志乃の子宮を強く突いた。
「あああああああああ・・・・・」
「ダメダメダメ・・・・・」志乃は、我慢できずに排泄してしまう、志乃の身体は、ガクガクと激しく痙攣し、志乃は排泄しながら逝ってしまった。
志乃の痙攣し始めた時、大樹の精液が志乃の子宮目掛けて、噴出した。
熱い精液を、子宮に浴び続け、志乃の身体は、さらに激しく痙攣し続けた。
「ああああああ・・・・あうううう」
トイレで、逝かされてしまった志乃は、暫く身体を動かすことができないほど、ぐったりとしていた。
排泄しながら犯されることなど、今まで考えたことも無かった。その快感の深さは、凄まじかった。

昨日から身体を犯され続け、眠ることも許されていない志乃の身体は、鉛のように重く感じられた。
意識は、朦朧としているが、感覚だけは敏感なままで、身体に少し触れられるだけでも、身体が感じてしまう。

ぐったりとした志乃のお尻をウォッシュレットで洗い流そうと、大樹は、スイッチを入れた。
「ひやっ・・・」志乃は、小さく叫び、身体を震わせた。お尻に当たる水流が、志乃の身体には、性的な刺激として、感じられた・「ああ・・・あああ・ああああ」
『先生、何、感じているの?』
早く学校に向かわないと遅刻するよ。
「ええ」
志乃は、重い身体を立ち上げ、トイレを出ようとする。
『先生、ちょっと待ってね。』
大樹は、志乃を呼び止めると、動きが緩慢な志乃のスカートをめくり上げ、お尻の穴に何かを塗りこんだ指を挿入した。
「あん。何をしているの?大樹君」
『先生のお尻にいいもの塗っているんだよ。』
大樹は、志乃のお尻の穴にゆっくり指を挿入し、お尻の内部に、媚薬を塗りこんだ。
『じゃあ、学校に向かうよ。先生』
14:30:15








『先生、残念ながら一問目不正解です。生徒に触られてこんなに乳首堅くなってしまうなんて、がっかりです。二問目は下半身です。パンティ脱がしますからね。』「ダメ。止めて。お願い。」『ダメですよ。』スカートの裾を捲り上げる。志乃は脚をバタつかせ、脱がされまいと必死に暴れる。「いや~」ストッキングとパンティに手をかけられる。「ダメ本当に止めて」志乃は抵抗しようと暴れるが手を縛られているので、自由が利かない。一気にパンティとストッキングを脱がされてしまう。「いや~ぁ」下半身に何も身につけていない志乃は脚をきつく閉じる。『先生、脚を閉じてはダメです。』「本当にもう止めて」『止めてもいいですよ。でも止めるなら先生のオナニービデオは公開してしまいますよ。いいんですか?』「それは…」『僕は先生にチャンスを与えているんです。先生が欲望に負けないことを証明したら全て先生にお返しするんですよ。先生が言ったんですよ。欲望に負けちゃだめと。』「でも…他のことでチャンスを与えて欲しいの。お願い」『ダメです。あきらめてください。先生には、このチャンスしかありません。さあ脚を開いて』「…・・・」『チャンスがいらないなら、これでもう終わりにしますよ』「わかったわ」志乃は立ったまま脚を開く。
開いた脚の前に屈み恥毛に触れる。「あっ」『先生の恥毛薄いんですね。』「…・・・」恥毛に触れていた手は下へ移動し、ゆっくりと割れ目が左右に開かれていく。志乃膝は、恥ずかしさのあまり、震えがとまらない。『先生、おま○こ濡れているみたいですよ。それにしても志乃先生のおま○こは綺麗ですね』生徒は開いた下半身の唇の内部を指先でなぞりながら志乃に伝える。「そんなことありません・・・・」『そうですよね。欲望に負けない志乃先生がオッパイ愛撫された位でおま○こ濡らすわけないですものね。二問目はココです』指先をクリトリスに触れながら言う。『志乃先生、二問目は正解した方がいいですよ。三問目は先生の中に僕のを入れてしまいますからね。二問目に正解できれば三問目にはいかないことにしますから、頑張って下さい。』「ダメよ。二問目ももう止めて。あなたと私は生徒と教師よ。こんなことしちゃいけないわ。」『いまさら、止められませんよ。先生は、教師として、聖職者として欲望に負けないことを実践してみせるしかありませんよ。志乃先生が他の先生みたいに口先だけの先生ではないことを見せて下さいね。』



立ったままの志乃は割れ目を開かれ、指先でクリトリスをこねられる。「あぁ~ん」指先は、クリトリスを軽くこねながら、徐々にクリトリスの芯が皮から剥き出されていく。クリトリスの皮は開かれ周りに引き伸ばされてしまう。『先生のクリトリスが皮から顔出しましたよ。先生のクリトリス可愛いいな~』指先でクリトリスを押し指先を震わせる。「うっ。あぅぅ~ん」指先で軽く擦りながら『舐めてみようかなぁ。志乃先生のクリちゃん』「あぁ~ダメよぅ」周りの皮を伸ばし舌先を尖らせクリトリスを擽るように舐める。チロチロ。「あぁん」チュッチュ。クリトリスに唇を密着させキツく吸う。チュ~~。チュッチュッチュッ。唇に挟み舌先でレロレロレロレロ。「ダメよ。止めて。あぁぁ~ん。あぁぁ」志乃の声が甘えるような喘ぎ声に変わり、腰が動き出し、割れ目がざわめき始めてくる。『先生、気持ちよくなってきたんでしょ~。クリトリスにローター当ててあげようか~』「あぁぁ~ん。止めてぇ。今ローターなんか当てられたら」ローターを手に取りクリトリスに軽く当てる。「あぁ~~」『先生、喘ぎ声出したり、腰くねらせたり、おま○こから汁垂らしたりしたら、二問目も不正解だから耐えてね』
志乃は慌てて声を押し殺し、腰の動きも止める。クリトリスに当てたローターの強度を軽くしていたかと思うと徐々に強くしたりしながら志乃の性感を高めようとする。性感が高まる頃合いを見計らいローターの強度を強くし、さらに乳首を強く摘み舐める。志乃の腰が震えだし、「あぁぁぁぁ~。ダメ~ローター外して~。もっと弱くしてお願い。」乳首を甘噛みしキツく吸いながら、最強にしたローターをクリトリスに強く押し付け擦る。「あぁぁ~~」志乃の割れ目から汁が溢れだしてくる。『あらあら志乃先生、エッチな汁が溢れだしているじゃないですか。どうやら耐えられなかったみたいですね。二問目不正解で三問目に入りますよ。』「あぅぅぅ~。ダ、ダメ~。あぁぁ」
生徒は着ている物を脱ぎさり、勃起した物を志乃の手に握らせる。『今から僕のを先生の中に入れます。もう大きくなっているでしょう。』「いや~止めて」生徒は志乃の手から勃起したものを離すと志乃の割れ目に当てた。亀頭部分を志乃の陰唇の内側を這わせるようになぞる。「あぁぁ」『先生のココはヌルヌルしていますね』「そんなことないわ」亀頭部分を割れ目に当て、少しづつ埋め込んでいく。ヌチャ。「あっ」少し埋めては引き出す動作を繰り返す。ヌチャ「あっ」ヌチャ「あっ」亀頭の半分だけ埋める。グチュ。「あぁぁ」『先生のお○んこの中、熱いですね』「うぅ」半分入れていた物を引き抜く。クチュ「あっ、もうやめて~」。亀頭を割れ目をなぞらせながらクリトリスへと移動させる。「うぅ」亀頭の先端でクリトリスを擦る。「あぁぁ」亀頭の裏で激しくクリトリスを擦る。「ひぃ~あぅぅぅ」志乃の割れ目から露が染み出してくる。『あれ~志乃先生感じてるの?凄いよ。まん汁が垂れてきてるよ』ペニスをクリトリスに擦りつける。またローターを取り出しクリトリスに当てながら亀頭部分だけを割れ目に埋めたり抜いたりを繰り返す。「あぁぁん。もう、だめ~止めて」志乃の腰が動き始めた。『先生~腰が動いていますよ』
生徒は志乃に入れていた物を引き抜いてしまう。「あぁ~ん」志乃腰は抜かれた後も振られ続けている。さらに志乃のクリトリスを摘み揉み解す。ペニスを抜かれた後の志乃の下の口は、パックリと開きながらも物欲しげにヒクヒクと動いている。『先生のお○んこイヤらしくヒクヒクしている~。欲しいなら入れてあげるよ。先生が欲しいと口にしたらね。言わない限りは何度も繰り返しちゃうからね』「あぁ、そんなこと言えないわ」『我慢しても無駄ですよ』生徒は、また亀頭部分だけを少し入れては少し入口付近をかき回しすぐに抜いてしまう。ことを繰り返す。その度に志乃は腰を振るが空しく空回りを繰り返す。「あぁ~もうダメ許して~おかしくなっちゃう」『許して欲しいなら、入れて下さいと哀願しなよ。志乃先生』亀頭を今度はお○んこに押し当てるだけで止めている。志乃の腰はペニスを引き入れようと腰を動かすが、ペニスを逸らされてしまう。「あぁ…お願い…い れ て」『聞こえませんね』「あぁ」『ご主人様入れて下さいでしょう』亀頭を少しだけ埋める「あ~・・・もっと…ご主人様入れて下さい」
生徒は志乃に入れていた物を引き抜いてしまう。「あぁ~ん」志乃腰は抜かれた後も振られ続けている。さらに志乃のクリトリスを摘み揉み解す。ペニスを抜かれた後の志乃の下の口は、パックリと開きながらも物欲しげにヒクヒクと動いている。『先生のお○んこイヤらしくヒクヒクしている~。欲しいなら入れてあげるよ。先生が欲しいと口にしたらね。言わない限りは何度も繰り返しちゃうからね』「あぁ、そんなこと言えないわ」『我慢しても無駄ですよ』生徒は、また亀頭部分だけを少し入れては少し入口付近をかき回しすぐに抜いてしまう。ことを繰り返す。その度に志乃は腰を振るが空しく空回りを繰り返す。「あぁ~もうダメ許して~おかしくなっちゃう」『許して欲しいなら、入れて下さいと哀願しなよ。志乃先生』亀頭を今度はお○んこに押し当てるだけで止めている。志乃の腰はペニスを引き入れようと腰を動かすが、ペニスを逸らされてしまう。「あぁ…お願い…い れ て」『聞こえませんね』「あぁ」『ご主人様入れて下さいでしょう』亀頭を少しだけ埋める「あ~・・・もっと…ご主人様入れて下さい」
『では入れてあげましょうね』亀頭をゆっくりと志乃の膣へと挿入していく。「あああ~いい」『志乃先生は僕の奴隷になりますね?』ペニスを奥まで挿入し子宮へグリグリ擦りつける。「ああ奥に当たっているー。志乃は貴方の奴隷になります。あぁぁ」『凄い締め付けだね。志乃のおま○こは、もういってしまいそうだよ。』「あぁん志乃ももういってしまいます」『中に出すよ志乃』「ダメ~中だけは止めて…」『奴隷が何いってるんだ。ご主人様の精液をちゃんと膣で受け止めるんだよ。出すよ。志乃』「いやぁダメ・・・中は止めて~あぅぅん」志乃の割れ目は強烈にペニスを絞り上げる。男は志乃の絞り上げに応じるように膣内に射精した。勢いよく子宮に精液が飛びちる。「あぁ~熱いのが私の子宮に注がれているのわかる。ダメ~あわぁぁぁ」志乃は身体を震わせ逝ってしまった。
プロフィール

駿覚

アダルトグッズのNLS

Author:駿覚
SM調教歴:15年以上
調教:緊縛、露出、羞恥、鞭、蝋燭、拡張、アナル、針等

問合せ先:birei@aol.jp

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧

SMデータベース

気まぐれ☆Linkaの独り言

おっぱい時計~1分ごとに変わる美乳から爆乳画像~

ニャン2倶楽部!アイのハメ撮りbyシルバーマン

亜樹の秘密。

恵子の日記

*:;;;:*あゅのエログ☆チョットHなセルフ撮etc*:;;;:*

緊縛の館

CoCoの調教日記

愛奴への道 Ⅱ

奴隷美の調教日記

盗撮deep-エログ画像-

エロ裸女画像ライブラリ

erotic laboratory

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

Kaede's Room

§昼は淑女 夜は娼婦§

フェラチオ大好き!エロエロ画像

manifetisuto

m&mの私生活

mioのパンスト脚・足

人妻Roseのエッチな姿

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

現実と妄想の間で・・・

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

Nicoとアナルとランジェリー

ドM・調教に魅せられて。。。

わたしたち。

愛のSMごっこ

迷惑メールに悩むスケベおやじの逆襲

フェム顔ペニ至上主義の官能小説と動画紹介ブログ

さとみのHな日々

カップルBULGARI sexuality 日記

沖縄SM~緊縛・調教・羞恥・快楽・絶頂・奴隷の世界~

SMパートナーとのお見合いが出来るSNS

電気あんま~刺激的な脚のBlog~

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

YUKINO 淫乱変態マゾ奴隷調教報告

人妻ゆみ~淫夢に弄ばれて
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アダルトグッズのNLS
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。